Score Board

勝利チームは下記より試合結果の書き込みをお願いいたします。なお、負けたチームも 掲示板へ試合の感想などの書き込みをお願いいたします。

修正削除

登録済みの試合結果は、ユーザーから修正削除ができません。誤って登録した試合結果はそのままにして、 新しい試合結果を登録し直し、削除したい試合結果を下記アドレスまでご連絡ください。

web@doughnut-league.com

試合結果一覧

試合結果は記入日の新しいものから表示されます。


記入日2月5日記入者長田公子(PC)
試合日12月9日グループ決勝トーナメント
チーム名 1234567HE参加
WMJ 0 0 0 0 0 0 0 115
PC 1 0 0 2 0 0 3 620
勝利投手今岡孝之敗け投手森田
勝利打点勝利打点本塁打本塁打
3年連続決勝進出のPCは2年分の悔しさと反省を胸に気迫溢れるプレーで初優勝を目指すWMJに挑んでくれました。初回二死から3番志田がレフト前ヒットで出塁すると、すかさず勇気ある二盗。4番谷戸の痛烈なショートゴロが相手エラーを誘い、好投手の森田投手から貴重な先制点を奪います。予選リーグから準々決勝までチームを引っ張ってきた新エース夏見投手不在の中、真のエース今岡投手が気迫の投球でWMJ打線を寄せ付けません。それに呼応するかように守りでリズムを掴んだPCは4回にも一死2,3塁のチャンスに6番松井が技ありのセンター前ヒットで2点を追加。投げては今岡投手が相手打線を1安打完封、1時間15分という締まった試合となりました。スピーディーな決勝戦を無失策で制したPCは2004年以来13年ぶりの優勝を果たしました。選手間では「5点差をつけて最後は平賀投手をマウンドに」だったようですが、それは来年に持ち越しとなりました。有終の美を飾ったつもりの監督、選手らの猛反対に遭い来年も指揮を執ることに(笑)緊張感溢れる決勝トーナメント、準々決勝で相対してくれた初対戦のVAPさん、勝ったり負けたりの伝統の一戦に相応しい準決勝だったSMEさん、そして来年も間違いなく優勝候補のWMJさん、野球の醍醐味をたくさん見せていただきました。選手のみなさん、今年一年本当にお疲れ様でした。

記入日2月5日記入者萩原(IMP)
試合日12月9日グループフェアウェルゲーム
チーム名 1234567HE参加
IMP710
SP08
勝利投手勝利投手敗け投手負け投手
勝利打点勝利打点本塁打本塁打
残念ながらシンコーさんの人数不足によりIMPの不戦勝となりました。その後、IMPより守備要員を貸し出し練習試合を行いました。8:00試合開始という事で、早朝より寒い中、集まって頂いた皆さん大変お疲れ様でした。

記入日12月15日記入者岡田(VAP)
試合日12月9日グループフェアウェルゲーム
チーム名 1234567HE参加
HN0000010110
VAP100003x411
勝利投手畑山(VAP)敗け投手負け投手
勝利打点大谷(VAP)本塁打大谷(VAP)
HNさんにはリーグ戦で惜敗を喫していたので願ってもない再戦となりました。初回、VAP先発・畑山は得点圏に走者を置くピンチを迎えますが、これを切り抜けるとギアが上がったか5回までヒットを許さない快投を見せます。6回にHNさんに追いつかれリーグ戦の嫌な記憶が蘇りましたが、その裏、畑山がヒットで出塁すると、4番・大谷の本塁打で勝ち越しに成功します。最終回も畑山が抑え切り13奪三振を記録。来シーズンが楽しみな結果となりました。両チームの皆様、お疲れ様でした。来年もよろしくお願い致します。

記入日12月13日記入者稲尾(DK)
試合日12月9日グループフェアウェルゲーム
チーム名 1234567HE参加
CO00201039
DK42004×109
勝利投手穂満敗け投手秋山
勝利打点船道本塁打船道
DKは初回、ヒット、フォアボールで貯めたランナーを船道の3ランホームランで先制、2回にもパスボールで加点しました。その後COの反撃を受けますが5回満塁で大谷の3ベースヒットも飛び出し今季最後の試合を勝利で飾ることが出来ました。1年間お疲れ様でした。来期も宜しくお願い致します。

記入日12月12日記入者SME池上(SME)
試合日12月09日グループ決勝トーナメント
チーム名 1234567HE参加
WDJ020010034010
SME300010×44316
勝利投手柳原レオ敗け投手負け投手
勝利打点柳原レオ本塁打柳原翼
SMEは初回、柳原兄弟が活躍。レオ(兄)の適時三塁打、翼(弟)の2ランHRで3点を先制。WDJも2回にすぐさま3連打で2点を返し、試合は一気に緊迫モードへ。5回にはタイムリーエラーで同点となり試合はふりだしに。その裏SMEは先頭打者を3塁まで進めた後に、4回からリリーフ登板した柳原レオが値千金の決勝犠飛。その1点を守りきりゲームセット。終始緊迫したまさに激闘でした。両チームの皆さまお疲れ様でした。来年も宜しくお願い致します。

記入日12月12日記入者川村(CTM)
試合日12月9日グループフェアウェルゲーム
チーム名 1234567HE参加
SKD0004001512
CTM101100369
勝利投手川村敗け投手可児
勝利打点勝利打点本塁打本塁打
3回裏までにCTMがヒットとエラー絡みで2得点を取り先取していましたが、SKDは4回表ヒットとエラー、四球が辛い一挙4得点と逆転。5、6回は逆光でボールが見えず膠着状態が続きました。SKD最終回7回表エラーとワイルドピッチが絡み1点追加。最終回7回裏CTMは四球とエラーで1死満塁とし最後は、三塁へのボテボテのゴロで内安打でサヨナラ打でCTMが勝利しました。CTM平均年齢52.3歳疲れ果てました!両チームの選手の皆さんお疲れ様でした。来シーズンは決勝リーグで会いましょう!!

記入日12月12日記入者橋田(UM)
試合日12月9日グループフェアウェルゲーム
チーム名 1234567HE参加
CAN5000059
UM112151010
勝利投手八子敗け投手五郎丸
勝利打点勝利打点本塁打本塁打
CANチームは、初回にフォアボールとヒットを絡め、5得点のビッグイニングとしたが、UMのリリーフが力投し、また大きなエラーもなく2回以降を締め、攻撃ではコツコツと得点を重ね、5回に逆転することが出来ました。前日の雨がウソのようにあがり、グランドコンディションも良く、秋晴れの中、気持ちよく野球をプレイ出来ました。皆様、ご苦労様でした。

記入日11月26日記入者森田(WMJ)
試合日11月25日グループ決勝トーナメント
チーム名 1234567HE参加
WDJ000000210
WMJ0503X8513
勝利投手森田敗け投手安達
勝利打点佐藤(紘士)本塁打なし
準決勝の結果です。WMJは2回と4回、四球やエラーにヒットを絡めて得点を重ねました。WDJは5回、四球とヒットで満塁のチャンスとなりますがWMJが何とか踏んばり完封勝利。5回裏と6回表にもそれぞれ得点がありましたが、6回表途中で時間切れのため、試合結果は上記となります。11月末のナイターで寒い中の試合でしたが、両チームの皆さま、おつかれさまでした。

記入日11月23日記入者根岸(WDJ)
試合日11月18日グループ決勝トーナメント
チーム名 1234567HE参加
DW00002002510
WDJ410200×7810
勝利投手沼田敗け投手小野寺
勝利打点安達本塁打本塁打
先取点はディズニー。初回二死から連続四球で満塁から、安達への押し出し四球で先制。続く平田、小林の連続タイムリーで一挙4点を挙げ主導権を握る。二回にも追加点のディズニーは四回、一死一、三塁からポール、沼田と中軸のタイムリーでダメ押し。投げては安達、沼田の継投で強打のドワンゴ打線を散発5安打2点に押さえ勝利。時折、小雨交じりの中、両チームの皆さん大変お疲れ様でした。

記入日11月20日記入者長田公子(PC)
試合日11月18日グループ決勝トーナメント
チーム名 1234567HE参加
PC 0 1 0 0 0 3 0 410
SME 0 0 2 0 0 0 0 210
勝利投手今岡孝之敗け投手小林剛
勝利打点勝利打点本塁打本塁打
今週も雨の予報もありながらなんとか準決勝を戦うことができました。PCは2回表四球で溜めたランナーを送りバントでチャンスを作り、7番渡邉のタイムリーで先制。3回裏ソニーさんはヒットを重ね逆転に成功。その後は投手戦となりましたが、6回表、失策をきっかけにタイムリーを放ったPCが再度逆転。準決勝に相応しい緊張感溢れる試合となりました。日程調整含め両者の皆様お疲れ様でした。

記入日11月13日記入者矢吹敬孝(DW)
試合日11月11日グループ決勝トーナメント
チーム名 1234567HE参加
HN00000229
DW010301511
勝利投手釣部敗け投手負け投手
勝利打点池田本塁打本塁打
雨天順延で開催遅くなりましたが、無事試合が実施されました。最後までエラーが少なく、締まった試合となりました。両チームの皆様、お疲れさまでした。

記入日11月13日記入者長田公子(PC)
試合日11月10日グループ決勝トーナメント
チーム名 1234567HE参加
VAP 1 0 0 0 0 1 411
PC 2 0 0 2 4 8 515
勝利投手夏見歩敗け投手
勝利打点佐藤隆之本塁打本塁打
ドーナツリーグ加盟以来、なんと初対戦となったVAP戦。左腕の好投手、塙投手中心に若い力で準々決勝に勝ち進んできたVAPチーム、その勢いのまま1回表から鮮やかな先制パンチをPCに浴びせます。一番畑山選手の技ありライト前ヒット、盗塁など足も絡め1死三塁のチャンスに三番加藤選手が見事なライト前ヒット。予選リーグを通して1試合1点以上与えていないPC夏見投手に早々と赤信号が…。しかしこの回を1点でなんとか凌ぐとその裏、味方打線が1死から死球を足掛かりに掴んだチャンスに三番佐藤のレフト前タイムリーヒットそして相手守備エラーなどで2-1と逆転します。その後はピンチを背負いなからも落ち着いた投球が光ったPC夏見投手、打線も5回裏の得点チャンスに下位打線が見事な連打をみせ塙投手攻略に成功、PCがSMEさんとの準決勝戦に駒を進めました!両チームの皆さん、白熱したナイスゲームをありがとうございました。平賀監督が初めて目の当たりにした「塙くんはドーナツリーグ最強の左腕投手になる。川上祥太郎(TE)…平賀(笑)…村上くん(HN)…そして塙くん(VAP)」。相当お気に入りのようでした。

次の12件